ネーションズリーグ男子予選ラウンドはリミニ(イタリア)で6月9日(水)、予選7日目が行われ、日本はオーストラリアに勝利した。通算成績は4勝3敗。(写真:FIVB) ■ネーションズリーグ2021男子 第7日目 日本(4勝3敗・8位) 3-1 オーストラリア(0勝7敗・16位) (25-18,21-25,28-26,26-24) 日本のスターティングメンバー:小野寺、藤井、石川、李、清水、高橋(藍)、リベロ山本  第1セット、日本は中盤まで競り合い14-14から石川のスパイクなどでリードを広げる。終盤には清水、高橋(藍)らの攻撃で一気に突き放しセットを先取した。  第2セットは李のブロック、スパイクなどで序盤からリードを奪う。しかしオーストラリアも交代出場したセニカ・マックスの攻撃を中心に追い上げ、終盤は競り合いとなる。21-21からトレント・オデイのクイックでなどで4連続得点を奪われ日本はこのセットを落としてしまう。  第3セットは序盤に清水のスパイク、小野寺、藤井の連続ブロックポイントなどでリードを奪ったまま先に20点に到達した。しかしオーストラリアの激しい追い上げでジュースに突入。日本は26-26から李のクイック、石川のパイプ攻撃でこのセットを奪った。  第4セットも序盤にリードを奪ったものの、第3セットとは逆に、20点に先に到達したのはオーストラリア。日本はこのセットのスタートからコートに入った高梨や石川の攻撃で追い上げ、またもジュースに突入。最後は石川の連続得点で勝利し、日本は4勝目をあげた。  試合後、藤井は「厳しいゲームでしたが、チーム全員で勝ち切れてよかった、まだまだ細かいプレーの精度を突き詰めていきたい」と語った。  FIVBランキングはこの試合の前後で変わらず、日本が8位、オーストラリアは22位となっている。大会順位は、日本は4勝3敗の8位につけており、オーストラリアは0勝7敗で16位。 バレーボールのネーションズリーグ男子は9日、イタリアのリミニで1次リーグが行われ、日本がオーストラリアに3―1で勝って4勝目(3敗)を挙げた。オーストラリアは7戦全敗。 日本は第1セット、終盤に清水(パナソニック)のサーブや高橋藍(日体大)の強弱をつけた攻撃がさえ、25―18で先取。第2セットは21―25で落としたが、第3、第4セットは石川(ミラノ)が要所で強打を決めて28―26、26―24で奪った。(共同) バレーボール日本男子代表は9日、イタリアで行われているネーションズリーグ第7戦でオーストラリアにセットカウント3-1で勝利し、4勝3敗とした。第1セットは終始リードを保ち、25-18で先取。第2セットは序盤リードしたものの、セッターとオポジットの2枚替えをしてから逆転を許し、そのままセットを失った。第3セットはスタートから藤井直伸と清水邦広に戻し、1点を取り合う攻防となり、終盤はデュースに持ち込んで28-26でなんとかこのセットも獲得した。勝負のかかる第4セットはスタートに高梨健太を起用。このセットも追いつ追われつの展開となったが4点リードされたところで大竹にかえて清水をコートに戻し、このセットも先にセットポイントをオーストラリアに握られるが、石川祐希が苦しい場面をとりきって26-24で勝利を収めた。 現在勝利のないオーストラリアに苦戦した日本。淡々とプレーする場面が多く見られ、試合後のミックスゾーンでもそれを指摘された。 日本のスターティングメンバーは以下の通り。 清水、小野寺、藤井、石川、李、高橋藍、リベロ山本 試合後藤井は「厳しい試合でしたが、チーム全体で勝ち切ることができて次につながったと思います」とコメントした。「闘志があまり現れていないように見えたが」という問いかけに対し、「ネーションズリーグも3週目を迎えて、若手もベテランもいてコンディションが良くないところもあったかもしれない。それはどのチームも同じですが。闘志については、チームではそれを出していこうという意識で入っていたが、そう見えたとしても、最終的に勝ち切ることができてよかった」と勝利を噛み締めていた。 次の試合は明日10日、日本時間では11日の午前2時30分よりイタリアと対戦する。 女子アメリカ代表は6月7日、今夏の東京2020オリンピックで出場登録される12名を発表した。3度のオリンピック出場と2つのメダル獲得(2012年:銀、2016年:銅)の実績を持つジョーダン・ラーソンのほか、Vリーグの久光スプリングスでプレーするフォルケ・アキンラデウォやJTマーヴェラスのアンドレア・ドルーズらも選出された。  12名は以下のとおり